iphoneアプリ開発をどのように開発するか考える

アプリ開発を自社で作るか?依頼して作ってもらうか?

アプリを自社で開発していくことのメリット

iphoneのアプリを自社で開発していくことにすると全ての情報を社内管理できるのがメリットです。情報漏えいによって大きな損失が生じるリスクもなく、依頼先の企業が潰れてしまって困るようなこともありません。

アウトソーシングしてアプリ開発を行うメリット

アウトソーシングを利用してiphoneのアプリ開発を行うと費用対効果が高い開発を行えます。開発に必要な人材が整っているので開発速度も速くて品質も高く、社内にIT系の人材を揃える必要もないので人件費の削減も可能です。

iphoneアプリ開発をどのように開発するか考える

アプリ

大手開発会社はどのような開発をするか

大手開発会社では基本的にはテンプレートに沿ったアプリ開発を行います。予めiphoneの仕様にあった形のテンプレートを作成しておいて、クライアントの要望に合わせて最適化を行うという方法を取ることで短期間で比較的使い勝手の良いアプリを開発できるようにしているのが特徴です。

中小開発会社の特徴

中小開発会社ではクライアントを重視してオーダーメイドのアプリ開発を進める傾向があります。まだテンプレート化するほどの実績がない場合も多く、大手との差異化を図るためにできるだけクライアントとのコミュニケーションを重視して満足してもらえる仕様のものを製作するのが特徴です。

フリーランスや個人事業主に開発を頼む

iphoneのアプリ開発はフリーランスや個人事業主に依頼することも可能です。中小開発会社に比べてもさらに柔軟な対応をしてもらえるのがメリットになります。オリジナリティーの高いアプリを開発して世の中に打ち出したいというときに最も有効な選択肢ですが、選んだエンジニアの力量によって完成品の品質が変化するので注意が必要です。

広告募集中