知っておきたいiphoneアプリ開発を成功させるポイント

iOSアプリとは何か?

Apple社が開発したiphone、ipad、ipod touchなどに組み込まれているOS(Operating System)、つまりアプリや端末などを動作させるための基本システムのことをiOSと呼びます。そして、そのiOS上で動くアプリケーションのことをiOSアプリと呼びます。開発する際はSwiftなどのプログラミング言語やXcodeなどのツールを利用して開発します。

アプリ開発を成功させるために必要なこと!重要度ランキング

no.1

1位 ターゲットユーザーを理解する

自分たちが開発するアプリは誰に対して、またどのようなニーズに応えて開発するのかを念頭に置かなければなりません。「こういうものを作れば売れるのではないか?」「このようなものならユーザーは喜ぶだろう」というような思い込みによって開発に取り組むと実際にはユーザーのニーズに全く噛み合わず、誰にも使われなくなってしまいます。具体的にユーザーは何に困っていて何を求めているのか、そしてそれに応えるために自分たちはどうするべきかを考えなければ売れるものは作れません。

no.2

2位 必要な情報を適切に伝達する

iphoneのアプリ開発にはたくさんの人が関わります。営業の人からマネージャー、デザイナー、プログラマーまで、色々な人が関わっているため、コミュニケーションがうまくとれていないと情報が交錯し、チーム内が総崩れになる可能性があります。小規模な開発チームならあまり起きないかもしれませんが、大きなプロジェクトともなると途中から参入する人も多いでしょう。そうなればますます情報の交錯が危険となります。一度誤った情報が流れてしまうと、プロジェクトメンバー全員に正しい情報を共有することは難しくなります。そうならないためにも、メンバー同士のコミュニケーションはとても大切です。

no.3

3位 開発の優先順位

実装したい機能の優先順位を決めなければ、どれから開発に着手すれば良いか分からなくなります。時には、最低限実装したい機能のみを実装し、リリースしてユーザーの反応を見てから改善をしていくということも必要となります。もちろんプラン立てが必要となるので、無計画に進むのは言語道断です。

no.4

4位 ユーザーにもたらす価値を考える

企画する段階で、企業側がとってほしいユーザーの行動や企業にとってのメリットなどを考えがちになってしまいます。ユーザーにとってそのアプリはどのように役に立ち、ユーザーのニーズをどのように満たすかを、企業ではなく、ユーザー目線で考えて企画・開発しなければなりません。

no.5

5位 利益とのバランス

ユーザーのことを考えてアプリ開発は行うべきですが、そもそもビジネスとして成り立つかどうかをきちんと検討しておくべきです。どれほどの収益が見込めるか、またそれを実現する手段は何か、ユーザーはなぜそれにお金をかけるのかなどを考慮した上で、長期的に継続することができるビジネスモデルを構築する必要があります。

知っておきたいiphoneアプリ開発を成功させるポイント

スマホ

低価格でアプリ開発をしてくれるところを選ぶ

基本的に、その会社が過去どのような実績を持っていて、どれほどの技術と企画の提案力を持っているかを検討します。そして、その中から自分たちが開発してほしいアプリのジャンル、すなわち業務用なのかSNSなのかゲームアプリなのかなどを把握した上で、そのジャンルが得意または過去実績のあるところを選ぶことが必要です。もちろん、値段とも見比べた上で、ある程度の妥協は必要となります。過去、その会社に委託した人たちに話を聞くことも良いです。

レベニューシェアできるアプリ開発に依頼する

レベニューシェアというスタイル上、受注側を説得させるだけの計画を用意する必要があります。魅力的な、もしくは画期的な計画を見せることで相手の興味を引くことができます。ですが、レベニューシェアでのアプリ開発を請け負っている企業の多くはネットに広告などを出しているため、その広告から相談することも可能です。

自社でアプリ開発を行なう

予想したいたものより売り上げが伸びなかった場合、同じようなアプリに取って代わられてしまった場合など、iphoneアプリ開発はその参入のしやすさゆえに失敗する可能性が多く考えられますが、自社で開発することで人材育成や継続してアプリ開発が可能になり、会社自体が安定することができます。

広告募集中