日本で最もシェア率が高いiphone

日本は、世界で最もiphoneの普及率が高いといわれています。日本でのiphoneの普及率は64.56%です。一方、Androidは32.57%となっていますので、iphoneの方が圧倒的に多いことになります。

androidアプリとiOSアプリ開発の違い

オペレーティングシステムが異なる

androidとiphoneのアプリ開発において、異なるところはオペレーティングシステム(OS)が異なることです。androidは、Google社が開発・提供しているプラットフォームが使用されていて、iphoneはApple社がマッキントッシュのオペレーティングシステムのMacOSXをタッチパネル用に最適化して開発したものです。

開発言語とプラットフォームが異なる

androidのアプリ開発にはJava言語が使用され、AndroidStudioやEclipseなどの開発ツールを使って設計しますが、iphoneは、SwiftやObjective-Cという言語を使用しXcodeという開発ツールを使用します。

どんどん増える無料アプリ

iphone能のアプリは、毎日のようにリリースされていて増加の傾向にあります。特に無料アプリが多く、iphone用アプリの約90%が無料といわれています。これは、無料アプリのダウンロード数が多いのが要因で、アプリを無料にしたとしても広告収入が入るため、結果的には無料アプリにした方が収入が得られるからです。

iOSアプリ開発サービスを利用する理由ランキング

no.1

利用ユーザーが多いため!

iphoneは先にも紹介したとおり、日本での普及率がとても高いです。そのため、iOSのアプリを開発するとユーザーに普及しやすくより多くの人に利用してもらえて収益も大きくなるのが魅力となっています。

no.2

iOSの安定性が高いため

iphoneにて使用されているオペレーティングシステムのiOSは、とても安定性があることで定評のあるシステムです。また、開発用のAPIも豊富にそろっているため開発がスピーディーに行えます。

no.3

安全性が高いのが魅力

iphone用のアプリの全てはアップルストアーに登録して配布を行います。アップルストアーでは厳しい審査があるため、アプリにウイルスなどが潜んでいないかしっかりとチェックされます。そのため、ユーザーも安心してダウンロードしてくれます。

no.4

開発のスピードが速い

androidのアプリを開発した場合には、android端末の種類が非常に多く、多数の端末にてデバッグ作業を行わなければなりませんが、iOSを使用する端末は種類が少ないためデバッグにかかる作業が短くスピーディーな開発が可能です。

no.5

アプリの安定性が高い

iphoneのiOSの安定度が高いのもありますが、iOS用のAPIの完成精度が高いため、iOS用のアプリ開発環境にて開発されたアプリは安定した動作が可能になっているのが魅力の一つになっています。

アプリ開発をするならiphoneアプリがおすすめ!

男性

iOSアプリ開発に必要な手順

iphone用のアプリ開発を行うにあたって、最初にアプリ開発ツールをダウンロードする必要があります。それは「Xcode」と呼ばれるツールで、アップルストアーから無料でダウンロードが可能です。また、swiftというプログラミング言語を学習する必要があります。この言語はC言語やスクリプト言語の特徴を取り入れた最新のプログラミング言語です。

アプリ開発は専門業者へ依頼

基本的には、iphoneのアプリ開発環境は無料で手に入れることができますので、マッキントッシュのパソコンさえあれば誰でもが開発することは可能ですが、swiftという言語を学ばなければなりません。それはプログラム未経験者にとっては容易なことではありません。また、専門業者に依頼した場合はメンテナンス性まで考慮して開発してくれますので、専門業者への依頼をおすすめします。

広告募集中